Programmable Architecture

-Towards Human Interactive, Cybernetic Architecture-

Kensuke Hotta (B.Eng, M.Eng, Msc)
Architectural Association School of Architecture, 2013

プログラマブルアーキテクチャ
ーヒューマンインタラクティブ、サイバネティックアーキテクチャーに向けてー

堀田憲祐(工学学士、工学修士、理学修士),
英国建築協会建築学校

Chapter 4

Architectural Design Proposal

第4章

建築デザインの提案

4-1. Introduction

This chapter introduces the philosophy of Programmable Architecture (PA). The developed architectural model, a flexible kinetic-tensegrity structure, provides one approach to PA but the number of possible solutions are countless. The author does not think that there is one optimal solution for PA but rather it needs to combine local decisions for each of its functions or programmes. Thus, the proposed solution should not be taken as the best answer for PA, neither in terms of component design nor with regards to its global design in relation to the site. Rather than searching for the best design operating in its optimal state, the principle of PA offers an alternative design strategy. This system should be seen as a dynamic architectural product that is able to answer different user requirements deploying different solutions in each circumstance where it is implemented (built/introduced). It has the capacity to be developed using a variety of locally available materials, at different scales and within varying budgets.

4-1. 序論

本章では、プログラマブルアーキテクチャ(PA)の哲学を紹介する。開発したアーキテクチャモデルである柔軟なキネティックテンセグリティー構造は、PAへの一つのアプローチを提供するが、解決可能な解は無数に存在する。著者は、PAに1つの最適解があるのではなく、機能やプログラムごとに局所的な判断を組み合わせる必要があると考えている。したがって、提案された解は、コンポーネント設計の観点からも、サイトとの関連でグローバルなデザインという点でも、PAにとって最適な答えであると考えるべきではない。最適な状態で動作する最良の設計を探すのではなく、PAの原理は別の設計戦略という選択肢を提供する。このシステムは、異なるユーザーの要求に応えることができる動的な建築製品であり、それが実装(構築/導入)される状況ごとにおいて異なるソリューションを展開することができるものと見なすべきである。このシステムは、現地で入手可能な様々な材料を用いて、様々な規模、様々な予算で開発することを可能にする。

4-2. Space Reconfiguration

As an assumption, it is set that every activity which contributes to all the actions which make up daily life, is determined by a set of environmental conditions. From this hypothesis, reductionistic environmental parametricism is now introduced. If this hypothesis is to some degree true, activities become easier to control by adjusting environmental parameters. It becomes possible to reconfigure activities through environmental reductionism. For example in this figure, a space (5m x 5m) in the park is bisected (sectioned), and its environmental conditions such as light, air quality and flow, temperature and sound are analyzed layer by layer. Some environmental layers such as light are measured using scalar units such as the illumination level, while other layers such as the air flow layer use vectors to describe wind direction and turbulence. When this data is analyzed and displayed as a grid over the site, it becomes possible to reconfigure the space through adjusting the overlaid environmental factors.

4-2. 空間の再構成

前提として、日常生活を構成するすべての行動に貢献するすべての活動は、一連の環境条件によって決定される。この仮説から、還元的環境パラメトリック主義が導入された。この仮説がある程度正しければ、環境パラメータを調整することで、活動のコントロールがしやすくなる。環境縮減主義によって活動を再構成することが可能になる。例えばこの図では、公園内のある空間(5m×5m)を二分し、光、空気の質と流れ、温度、音などの環境条件をレイヤーごとに分析している。光のような環境層は照度などのスカラー単位で計測し、気流のような層は風向きや乱れなどのベクトルで計測する。これらのデータを解析し、敷地内にグリッド表示すると、重ね合わせた環境要素を調整することで、空間を再構成することが可能になる。

Fig 4-2,1: The Idea of Environmental Reductionism (by Author)
This is a diagram to explain the possibility of transferring activity by the environmental reductionism idea.
図4-2,1:環境における還元主義の考え方(筆者による作図)
環境における還元主義的考え方による、活動移転の可能性を説明するためのダイアグラム。

4-3. Electrical Controlled - Cybernetic Architecture

The proposed cybernetic architectural system is not an incredibly complex system, especially when compared to existing machines such as cars, computers or even a 17th century steam engine. At its heart is the Feedback Loop. The Feedback Loop system is defined as a re-insertion of information where one system’s resultant information (output) is inserted into another system’s processes (input). Cybernetics (Wiener, 1961) is the word used to convey the idea of comparing physical machines with biological organisms in regards to how their behaviour and metabolism are controlled. Both possess sensors that feed information into a decision-making process which then regulates the output, or behaviour. In the early development of Cybernetics, which began with Norbert Wiener, three key aspects of the process were identified:

•coordination (the system which controls the machine itself);

•manipulation (the human input that corrects the error);

•the governing factors (the system which includes a group of people and the controlling dynamics).

Wiener treated this process as a feedback system and the information flows were identified either as an input or an output, which was ground-breaking at the time (Wiener, 1961). This proposal will explore the development of a model for an urban metabolism with the design and construction of intelligent buildings and urban blocks that can modulate their surface properties and spatial configurations in response to external stimuli (such as light, sound, wind etc.) as well as climatic and ecological changes coupled with economically driven programmatic changes.

4-3. 電子制御-サイバネティック・アーキテクチャ

提案するサイバネティック・アーキテクチャ・システムは、自動車やコンピュータ、あるいは17世紀の蒸気機関といった既存の機械と比較しても、驚くほどの複雑なシステムではない。その核心は「フィードバック・ループ」である。フィードバックループとは、あるシステムの結果としての情報(出力)が、別のシステムのプロセス(入力)に挿入される、情報の再挿入と定義されるシステムである。サイバネティクス(Wiener, 1961)とは、物理的な機械と生物を比較し、その行動や代謝がどのように制御されているかという考えを伝えるために使われる言葉である。どちらもセンサーを持ち、情報を意思決定を行い、それが出力、つまり行動を制御する。サイバネティックスの初期の開発は、ノルベルト・ウィーナーから始まり、プロセスの3つの重要な側面が明らかにされた。

-調整(機械そのものを制御するシステム)。

-操作(エラーを修正する人間の入力)。

-統制する要因(人の集団と統制する動力学を含むシステム)

Wienerはこのプロセスをフィードバックシステムとして扱い、情報の流れを入力または出力として識別したが、これは当時としては画期的なことであった(Wiener, 1961)。この提案では、外部からの刺激(光、音、風など)、気候や生態系の変化、経済的なプログラム変更に対応して、表面特性や空間構成を変化させることができるインテリジェントビルや都市ブロックの設計と建設による都市の新陳代謝のモデル開発を探求する。

Fig 4-3,1: The Diagram of Electrical Circuits (by Auther)
図4-3.1: 電気回路図 (筆者作図)
Fig 4-3,2: The Shot of Electrical Boards (by Author)
図4-3,2: 電気盤の写真(筆者によるもの)

4-4. Flexible Structure: Kinetic Tensegrity Component

Why use tensegrity components? Tensegrity-tensional integrity-developed by Gomez-Jauregui has a basic structural principle that uses isolated components in compression inside a net of continuous tension, in such a way that the compressed members (usually bars or struts) do not touch each other and the pre-stressed tensioned members (usually cables or tendons) delineate the system spatially(Gomez-Jauregui., 2010) . A tensegrity structure has a number of unique points.

4-4. 柔軟な構造:キネティックテンセグリティコンポーネント(製図)

なぜテンセグリティコンポーネントを使うのか?Gomez-Jaureguiによって開発されたテンセグリティ(Tensegrity=tensional+integrity)は、連続した張力の網の中に圧縮された孤立した部材を用いるという基本的な構造原理を持っており、圧縮部材(通常はバーや支柱)は互いに触れず、プレストレスを受けた張力部材(通常はケーブルやテンドン)がシステムを空間的に区切る(Gomez-Lauregui., 2010).テンセグリティ構造には、いくつかの特徴がある。

・Firstly, loading members are either in pure compression or in pure tension, meaning the structure will only fail if the cables yield or the rods buckle.

・Secondly, preloading or tensional pre-stress allows cables to be rigid in tension.

・Thirdly, mechanical stability allows the members to remain in tension/compression as stress on the structure increases.

Because of these patterns, no structural member experiences a bending moment. This can produce exceptionally rigid structures for their mass and for the cross section of the components.

In addition, tensegrity structural systems have an affinity for axial actuators such as Bio-metal(R) as noted below. As Harvard physician and scientist Donald E. Ingber pointed out in his article (Ingber, 1998) ; “The tension- bearing members in these structures —whether Fuller’s domes or Snelson’s sculptures —map out the shortest paths between adjacent members (and are therefore, by definition, arranged geodesically). Tensional forces naturally transmit themselves over the shortest distance between two points, so the members of a tensegrity structure are precisely positioned to best withstand stress. For this reason, tensegrity structures offer a maximum amount of strength.”

・第一に、負荷部材は純圧縮か純引張のどちらかであり、ケーブルが降伏するかロッドが座屈したときのみ構造物が破壊されることを意味する。

・第二に、予荷重または引張予応力により、ケーブルは引張状態でも剛性がある。

・第三に、機械的安定性により、構造体にかかる応力が大きくなっても、部材は引張・圧縮の状態を維持することができる。

これらのパターンにより、構造部材に曲げモーメントが発生しない。このため、質量や断面積の割に非常に高い剛性を持つ構造体を実現することができる。

また、テンセグリティー構造システムは、後述するバイオメタル(R)のような軸型アクチュエーターと親和性がある。ハーバード大学の医師であり科学者であるドナルド・E・イングバーは、その論文(Ingber, 1998)の中で、「フラーのドームであれスネルソンの彫刻であれ、これらの構造物の張力を支える部材は、隣接する部材間の最短経路をマッピングする(したがって、定義上、地軸方向に配置されている)」と指摘している。引張力は、2点間の最短距離で伝達されるため、テンセグリティー構造の部材は、応力に最も耐えられるように正確に配置される。このような理由から、テンセグリティー構造は最大限の強度を発揮するのである。"

Hence, tensegrity’s lightweight characteristics make it suitable for adaptive architecture according to Korkmaz et al (Korkmaz, 2011) . Eleanor Hartley further points out that visual transparency contributes an important aesthetic quality to these structures. (Hartley, 2009) Theoretically, there is no limitation to the size of a tensegrity structure. Cities could be covered with geodesic domes.

このゆえにKorkmazら(Korkmaz, 2011)によれば、テンセグリティーは軽量であるため、適応性のある建築に適している。さらに、Eleanor Hartleyは、視覚的な透明性がこれらの構造体に重要な美的品質をもたらすと指摘している(Hartley, 2009)。(理論的には、テンセグリティ構造物の大きさに制限はない。都市は測地線ドームで覆われるかもしれない。

fig 4-4,1: Kinetic Surface in Msc thesis at Bartlett UCL, 2008 (by Author)
This is the electric controlled fabric on the thesis (Programmable-Kinetic-fabric for Architecture, 2008). The components are not yet tensegrity but use a somewhat tensile system. The deformation was really limited both in the point of direction, and amount of movement.
fig 4-4,1: バートレットUCLでの修士論文におけるキネティックサーフェイス、2008年 (著者)
これは、論文(Programmable-Kinetic-fabric for Architecture, 2008)にある電気制御のファブリックである。構成要素はまだテンセグリティーではなく、張力のあるのシステムを使用している。変形は、方向、量ともに非常に限られている。
Fig 4-4,2: The Early Model of Tensegrity Surface, 2010, by Author
This is the very early physical model of tensegrity surface, made with bamboo sticks and rubber bands. Individual components, made by simple tensegrity, can stand themselves but the surface could not keep their shape against gravity.
図4-4,2: テンセグリティサーフェイスの初期モデル、2010年、筆者撮影
これは、竹の棒と輪ゴムで作った、テンセグリティサーフェイスのごく初期の物理的な模型である。単純なテンセグリティで作られた個々の部品は自立できるが、表面は重力に対して形状を保つことができなかった。

During the development of the component based system proposed in figure 4-4,2, the author paid special attention to the development of the physical model. In the beginning of the experiments the components had binary behaviour – flexible or rigid. There was no space for an intermediate stage between the two behaviours. The malleability of the model became controllable over time and the final component can exhibit different levels of behaviour from flexible to rigid. The adaptive behaviour (in terms of rigidity of the component) was achieved by using different types of springs. The component would change according to the desired performance. The membrane, for instance, was evaluated according to the amount of shadow it could provide. The structure was evaluated according to the degree to which it is able to change its shape.

図4-4,2で提案されたコンポーネントベースのシステムの開発中、著者は物理モデルの開発に特に注意を払った。実験初期、コンポーネントは柔軟性と剛性の2元的な動作をしていた。この2つの動作の間に、中間的なステージを設ける余地はなかった。時間の経過とともにモデルの可鍛性は制御可能になり、最終的なコンポーネントは柔軟性から剛性までさまざまなレベルの動作を示すことができるようになった。異なる種類のスプリングを使用することで、適応性のある動作(部品の剛性に関して)を実現した。コンポーネントは、要求される性能に応じて変化する。例えば、メンブレン(膜)は影を作る量によって評価された。構造体は、その形状をどの程度変化させることができるかによって評価された。

Fig 4-4,3 Self Stand - Recover Tensegrity (by Author and Y.Komiyama)
In contrast the designed tensegrity system has a single component that after local deformation at the component level can recover its initial shape. There is no pre- differentiated morphology; the differentiation occurs through electrical controlled inputs. The minimum requirement for the component is that it have change-ability, and self-recovery functions in its shape. As demonstrated on the fig this architectural system consists of a 2D array of the same component and it can be industrially mass produced.
図4-4,3 自立型-回復式テンセグリティ(筆者、Y.小宮山氏によるもの)
一方、設計されたテンセグリティシステムは、単一のコンポーネントで構成され、コンポーネントレベルで局所的に変形させた後、最初の形状を回復させることができる。あらかじめ分化した形態はなく、電気的に制御された入力によって分化が行われる。コンポーネントに要求されるのは、その形状が変更可能であること、そして自己回復機能を持つことである。図に示すように、この建築システムは同一部品の2次元配列で構成されており、工業的に大量生産することが可能である。
Fig 4-4,4 , The 1st Generation Model Parts at Kinetica Exhibition, 2010 (by Author and Shari*3)
This Picture shows every part of one tensegrity component. In this generation, still the number of parts are too much, so to make one components takes time and man's energy.
図4-4,4 , 2010年のKinetica Exhibitionでの第1世代モデルパーツ(筆者、Shari*3によるもの)
この写真は、テンセグリティコンポーネントのすべての部品を示している。この世代では、まだまだ部品点数が多く、1つの部品を作るのに時間と労力がかかる。
Fig 4-4,5 : Responsive Kinetic Tensegrity roof patch (by Author and Shari*3)
This model is electrically controlled, dynamic responsive model. The system is light sensitive, when it detects light the structure starts to deform, each component has its own sensor, so the movement is organic and smooth. This model was exhibited at Kinetica ArtFair2012.
図4-4,5 : レスポンシブル・キネティック・テンセグリティ・ルーフパッチ(筆者、Shari*3によるもの)
このモデルは、電気的に制御された動的応答モデルである。光に反応し、光を感知すると構造体が変形を始める仕組みになっており、各コンポーネントにセンサーがあるため、有機的で滑らかな動きをする。このモデルは、Kinetica ArtFair2012で展示された。
Active, Kinetic tensegrity study Worked with Shari *3
アクティブ、キネティックテンセグリティ研究 (Shari*3と共同開発 )
Fig 4-4, 6 , Manual Control Kinetic Tensegrity Roof Patch (by Author and Shari*3)
This picture shows one of the alternative control methods of tensegrity structure. Basically this structure is working automatically detecting light with sensors, but also allowed to control human input through mobile. Here Android mobile is used to control wirelessly.
図4-4, 6 , マニュアルコントロールのキネティックテンセグリティルーフパッチ(著者とShari*3の共同作業
この写真は、テンセグリティ構造の代わりとなる制御方法の1つを表している。基本的にこの構造物は、センサーで光を感知して自動的に動作しますが、モバイルを通して人間が入力し、制御することもできる。ここでは、アンドロイド携帯を使い、ワイヤレスで制御している。
Fig 4-4, 7 ,:The 2nd generation Model at SFF Exhibition, 2011 (by Author and Shari*3)
This picture shows the second generation model of this system. This is made with laser cut MDF and fishing wire and bio metal. First whole model which has an electrical system with Arduino though still the scale is small.
図4-4, 7 ,:2011年SFF Exhibitionでの第2世代モデル(筆者・Shari*3の共同作業)
この写真は、このシステムの第二世代モデルである。レーザーカットされたMDFと釣り糸、バイオメタルで作られている。まだ規模は小さいが、Arduinoによる電気システムを搭載した初の全体モデルである。
Fig 4-4, 8 : The 2nd generation Model and its Movement (by Author and Shari*3)
This diagram shows the ideal deformation of this model.
図 4-4, 8 :第2世代モデルとその動き(筆者と Shari*3の共同作業)
この図はこのモデルの理想的な変形を表している。
Fig 4-4,9 : 3rd Generation, Physical model and it's Parts Fabrication
Reviewing the previous model, the simplified model is designed. This makes easy assembling of the model. Also quick production. Recent development of rapid prototyping, especially in this case laser cutter, the planned parts can fabricate easily, quickly and precisely. In the future development 3D printing methodology is also worth to use.
図4-4,9 : 第3世代、物理モデルとその部品製作
これまでのモデルを見直し、簡略化したモデルを設計した。これにより、モデルの組み立てが容易になった。また、生産性も向上する。近年のラピッドプロトタイピングの発展により、特に今回はレーザーカッターを使用することで、計画したパーツを簡単に、素早く、正確に製作することができるようになった。将来的には、3Dプリンティングの手法も利用する価値がある。
Fig 4-4,10 : 3rd Generation, Physical Model
This picture shows a simplified model, and attached membranes. Models are scaled up to almost 300mm as one component. It is fold-able, easy to carry, and light weight structure.
図4-4-10: 第3世代、物理的モデル
この写真は、簡略化したモデルで、メンブレン(膜)を貼り付けたものである。1つのコンポーネントで300mm近くまで拡大することができる。折りたたみ式で持ち運びがしやすく、軽量な構造になっている。
Fig 4-4,10 : 4th Generation, Physical Model
This picture shows the final model, scaled up to almost 700mm as one component. There is no rule but this could be one to one scale model. The second picture shows the metal parts at the end of the suspension. This parts enables us to change components’' hardness/flexibility. Depending on that components can adapt actuator's power.
図4-4,10:第4世代、物理モデル
この写真は、最終的に一つのコンポーネントとして700mm近くまでスケールアップされたモデルである。決まりはないが、1対1のスケールモデルになる可能性がある。2枚目の写真は、サスペンションの先端にある金属製のパーツである。このパーツによって、コンポーネントの硬さ/柔軟性を変えることができる。これに応じて、駆動装置のパワーを調整することができる。
Fig 4-4,11 : Drawings of the Components (Active Shading System)
With the changing degree of the membrane, components can shade the light. So this component can adapt to required illumination level. These components work as a both environmental shade and structure. These components have a changeable membrane inside for shading and air transparency. The components are made by carbon (or aluminium) pipe, Its depth will be changed depending on the part. If Internal stress becomes high, it will be amax 4000mm on the top.
図4-4,11 : コンポーネントの図面(アクティブシェーディングシステム)
図4-4,11 : コンポーネントの図面(アクティブシェーディングシステム)メンブレン(膜)の度合いを変化させることで、コンポーネントが光を遮ることができる。そのため、このコンポーネントは必要な照度レベルに適応することができる。このコンポーネントは、環境的な遮光と構造の両方の機能を果たす。この部品は、内部に遮光と空気透過のための変化するメンブレン(膜)を持っている。カーボン(またはアルミ)パイプで作られた部品で、部品によって深さを変えることができる。内部応力が大きくなると、上部で最大4000mmになる。
Fig 4-4,12 : Drawings of the Components (Integrated Skin)
Top of these components are covered with inflated ETFE. This material is flexible and printable, so it becomes possible the top can generate solar energy power.
図4-4,12 : コンポーネント(一体型スキン)の図面
これらのコンポーネントの上部は、ETFEで覆われている。この素材は柔軟性があり、印刷が可能であるため、上部で太陽光発電を行うことが可能となる。

4-5. Ever Changing Plan


fig 4-5,1: Image Perspective Okayama Competition (K.Hotta and Shari)
fig 4-5,1:岡山コンペティションでのイメージパース(堀田憲佑、Shari)

The proposal was for a single large fabric structure covering the huge plaza (100m x 45m) with a soft kinetic roof creating one large square. Normally the building space and the surrounding space are treated separately. This large roof consists of a number of tensegrity components each with its own unique character.

この提案は、巨大な広場(100m×45m)を覆う一枚の大きな布の構造体を、柔らかい動きのある屋根で覆い、一つの大きな広場を作るというものであった。通常、建築空間とその周辺の空間は別々に扱われる。この大きな屋根は、それぞれがユニークな個性を持つテンセグリティーコンポーネントで構成されている。

A real world proposal is shown here to further illustrate the possibilities of PA. This proposal for a LRT (Light Rail Transit) station in Japan was for a competition held in 2010 in Okayama prefecture. This architectural paradigm diverges from the traditional architectural planning method. In Modern architecture functionalism was looking for an optimization of the space. The design needed to fulfill the maximum architectural function, whether a bedroom or toilet among others. In other words, the space was designed for a static and specific function. For example, when an architect designed a 'bedroom', he/she thought: it is better to have carpet than wooden pavement as for functional reasons silence is needed; a big window is not needed since the room is mainly used to sleep; the toilet should be close to the bedroom but the entrance hall which is a noisier place should be far away from this room, etc... Following such practical and functional decisions, the 'bedroom' functioned as required – a silent and dark place where one can sleep. For each programmatic function there were a set of parameters that one needed to control from the outset.

ここでは、PAの可能性をより示すため、実際の提案事例を紹介する。この提案は、2010年に岡山県で行われたLRT(Light Rail Transit)駅舎のコンペに応募したものである。この建築のパラダイムは、従来の建築の計画手法とは一線を画している。近代建築では、機能主義が空間の最適化を求めていた。寝室であれ、トイレであれ、建築としての機能を最大限に発揮できるように設計する必要があった。言い換えれば、空間は静的で特定の機能のために設計されていた。例えば、ある建築家が「寝室」を設計するとき、機能的な理由から静寂が必要なため、フリーリングよりもカーペットの方が良い、主に寝るために使う部屋なので大きな窓は必要ない、トイレは寝室に近い方が良いが玄関ホールは騒がしいので離れた方が良い、等々。このような実用的・機能的な判断により、「寝室」は必要な機能、つまり静かで暗い眠りの場となったのである。それぞれのプログラム機能には、最初からコントロールすべきパラメータが設定されていたのである。

However the proposed PA, suggests that these relationships between function and the place should not be fixed, as outlined by the functionalist line of reasoning. More functional flexibility was allowed as the function of the space can change both in a cyclical fashion as well as over the lifespan of the structure, e.g. a bedroom can be a living room during different times of the day.

From the user’s point of view, the individual selects such 'floating' functional spaces by himself rather than having it imposed by architectural planning. As functions and places are not connected, users have to search for comfortable spaces or even they have to create their favorite spaces by manipulating the existing architectural systems. Users have an active position in deciding what is happening in each space according to their requirements.

The proposed PA roof system allows the user to begin to manipulate the functions within these spaces.

しかし、提案されたPAでは、機能と場所の関係は、機能主義が主張するような固定的なものであってはならないと考えている。例えば、寝室が時間帯によってリビングルームになるように、空間の機能は周期的に変化し、また構造体の寿命によっても変化するため、より機能的な柔軟性が認められた。

ユーザーの視点に立つと、このような「浮動的」機能空間を、建築計画によって押し付けられるのではなく、個人が自ら選択することになる。機能と場所が結びついていない以上、ユーザーは快適な空間を自ら探し、あるいは既存の建築システムを操作して好みの空間を作り出さなければならない。ユーザーは、それぞれの空間で何が起こっているのかを、自分の要求に応じて決定する能動的な立場にある。

提案するPAルーフシステムは、ユーザーがこれらの空間の中の機能を操作し始めることを可能にする。

Fig 4-5,2: Screenshots of the movie of the OkayamaLRT(K.Hotta and Shari)
図4-5,2: 岡山LRTの動画スクリーンショット(堀田憲佑とShari)

This roof can be a filter for the natural environment thus varying the inner spatial character of the station square. A computer program, built with ‘Processing’, allowed the development of new geometrical decisions. By modeling a spring in the script, we proposed a new method for determining the geometry of the roof in response to the desired floor plan. It could realize antithetic concepts, simultaneously providing natural but sophisticated planning like a biological system.

この屋根は、自然環境のフィルターとなり、駅前広場の内部空間の特性を変化させることができる。Processingで作成したコンピュータプログラムにより、新しい幾何学的な決定を展開することができた。スクリプトの中でバネをモデル化することで、希望する間取りに応じて屋根の形状を決定する新しい方法を提案した。それは、相反する概念を実現し、同時に生物システムのような自然でありながら洗練されたプランニングを提供することができた。

Fig 4-5,3: Plan and Elevation of the OkayamaLRT(K.Hotta and Shari)
By modeling a spring in the script, we proposed a new method for determining the geometry of the roof in response to the desired floor plan. It could realize antithetic concepts, simultaneously providing natural but sophisticated planning like a biological system.
図4-5,3: 岡山LRTの平面図と立面図(堀田憲佑、Shari)
スクリプトでバネをモデル化することで、希望する間取りに対して屋根の形状を決定する新しい手法を提案した。それは、相反する概念を実現し、同時に生物系のような自然でありながら洗練されたプランニングを提供することができた。
Fig.4-5,5: Section of the Okayama LRT (Gathering Mode)
The roof canopy maintains the certain height to be able to provide the enough space for the LRT train.
図4-5,4:岡山LRTの断面(ステーションモード)
ルーフキャノピーは一定の高さを保ち、LRTの列車を乗せるのに十分なスペースを確保している。
Fig.4-5,6:Section of the Okayama LRT (Scattering Mode)
The roof canopy provides a big amount of space in the middle of the canopy. This affords a gathering activity underneath.
図4-5,5:岡山LRTの断面(ギャザリングモード)
ルーフキャノピーは一定の高さを保ち、LRTの列車を乗せるのに十分なスペースを確保している。
Fig.4-5,7: Plan of the Okayama LRT
図4-5,7:岡山LRTのプラン
Fig 4-5,8: Cut Section of one leg of the Okayama LRT
図4-5,8: 岡山LRTの片側の切断面

4-6 . The Three Different Scales: Local- Regional -Global

4-6. 3つの異なるスケール:局所的-地域的-全体的

Fig 4-6,1: Hierarchical System Diagram
図 4-6,1: 階層型システム図

In the proposed PA system, there is a clear hierarchy, but this hierarchy is not defined by the physical form. As shown in the diagram (fig4-6,1) the suggested fabric has a single hierarchy, as individual components are repeated as much as one wants. The above mentioned 'Local-Regional-Global' hierarchy is defined in the virtual design model. This hierarchy cannot be seen in the object’s static representation but can be recognized in the dynamic model (ie. digital simulation of the dynamic behavior). As Tschumi (Tschumi, 1994) or HiroshHara (Hara, 1987) declared "Architecture is not an object but an event". This is true not only with the proposed architectural system which is a dynamic-kinetic system but also in traditional architecture which was static, yet the surrounding environment and human action were constantly evolving. The dynamic quality of architecture is not only a property of the kinetic systems but includes traditional architecture.

In this diagram(fig 4-6,1), Architecture is briefly described as a system surrounded by various ecological systems.

提案するPAシステムでは、明確な階層があるが、この階層は物理的な形態によって定義されるものではない。図(fig4-6,1)に示すように、提案するファブリックは、個々の構成要素が好きなだけ繰り返されるため、単一の階層を持つ。上記の「ローカル-リージョナル-グローバル」階層は、仮想デザインモデルで定義されている。この階層は、オブジェクトの静的表現では見ることができないが、動的モデル(すなわち動的挙動のデジタルシミュレーション)では認識することができる。Bernard Tschumi(Tschumi, 1994)や原広司(HiroshiHara, 1987)が宣言したように「建築は目的ではなく、イベント」である。これは、提案されたダイナミック・キネティック・システムである建築システムのみならず、静的でありながら周囲の環境や人間の行為が常に進化していた伝統的な建築においても同様である。建築の動的な性質は、キネティック・システムだけでなく、伝統的な建築にも当てはまるのである。

この図(図4-6,1)において、建築は様々な生態系に囲まれたシステムであると簡潔に説明されている。

Within PA, the architectural systems can be defined as a device which connects (mediates between) the environment and humans. When this system is placed in a dynamic-ecological world, various reciprocal actions can happen. The designer has the task of creating and planning how humans interact and engage with the environment. Depending on the place where this architectural system is placed the level and type of interaction would be different. For example positioned in the desert, it’s interaction with a sand storm would be more important in terms of performance, whereas if it is located on the surface of the moon, air pressure or solar radiation would be crucial performance criteria. These differences would be incorporated into the above definition of the system.

PAでは、建築システムは環境と人間をつなぐ(媒介する)装置と定義することができる。このシステムが動的な生態系の世界に置かれたとき、様々な相互作用が起こりうる。デザイナーは、人間がどのように環境と関わり相互作用するかを創造し計画する、という仕事をに担っている。この建築システムが置かれる場所によって、相互作用のレベルやタイプは異なる。例えば、砂漠に設置された場合は、砂嵐との相互作用が性能面でより重要になる。一方、月面に設置された場合は、気圧や太陽放射が重要な性能基準になる。このような違いが、上記のシステムの定義に盛り込まれている。

4-7 . The Compromise System Between Global-Local as Democracy-Socialism

4-7 . 民主主義‐社会主義としての局所的‐全体的(ローカル‐リージョナル‐グローバル) 間の和解システム

Here the two principles of PA are introduced in an architectural system (framework).

The first principle prioritizes the ‘Local’ or human action i.e. the capacity of humans to manipulate the system locally. The second principle prioritizes the ‘Global’ where the global environment is generated through external environmental input from sensors. The 'Region' level of the hierarchy mediates between these two principles . In addition to negotiated interactions between the ‘Global’ and ‘Local’ levels there are also exceptional situations where one overrides the other. For example, if there is an accident and an ambulance has to go under this big roof, the architecture cannot wait for a mediated slow decision, but it needs a quicker response. Human input can override global 20 changes functioning as temporary administrator. The opposite happens, for example when there is an earthquake. The architectural system does not have time to respond to thousands of user’s movement and consequent inputs but rather an emergency shape is generated as a response to an unexpected input. In this case the system just ignores a single user’s input.

ここでは、PAの2つの原則を建築システム(枠組み)として紹介している。

第一の原則は、「局所的(ローカル)」人間の行為、つまり人間が局所的にシステムを操作する能力を優先させる。第二の原則は「全体的(グローバル)」を優先し、全体的な環境はセンサーからの外部環境入力によって生成される。この2つの原則を仲介するのが「局部的(リージョナル)」レベルである。また、「全体的(グローバル)」と「局所的(ローカル)」の間で交渉が行われるだけでなく、例外的に一方が他方を優先する場合もある。例えば、事故が起きて救急車がこの大きな屋根の下に行かなければならない場合、建築は仲介された遅い決定を待つことはできないが、より迅速な対応が必要である。人間の入力は、一時的な管理者として機能する全宅的(グローバル)な20の変更を上書きすることができる。例えばその逆は、地震が起きたときに起こる。建築システムは、何千人ものユーザーの動きとそれに伴う入力に対応する時間がなく、むしろ予期せぬ入力への対応として緊急の形状が生成される。この場合、システムはたった一人のユーザーの入力を無視するだけである。

The relationship between the two principles depends heavily on the dynamic capacity of the system. A key aspect of this dynamic system is the time axis, allowing temporal inputs and outputs to be empowered and to interact with each other. The actual algorithm used to implement this time axis will be explained in chapter 6 and 7, but the importance of the time frame is now briefly explained via illustration. For this example, the system is responding to strong wind at 10am so it attempts to minimize its surface area and thus its air resistance to avoid collapse. However, after one hour at 11am, with the sun rising to its highest point, a second requirement is revealed, and the system has to provide maximum shade so it needs to reconfigure itself. The situation becomes more complex if two requirements are present for instance if the strong wind hasn’t stopped at 11 am. The building has to withstand the strong wind, but also has to provide maximum shade at the same time. The system has to make complex decisions where one environmental requirement is in conflict with others. This kind of conflict can become more extreme when human input is added.

この2つの原則の関係は、システムの動的能力に大きく依存します。この動的システムの重要な側面は時間軸であり、時間的な入力と出力が力を持ち、互いに影響し合うことを可能にする。この時間軸を実現するための実際のアルゴリズムについては第6章、第7章で説明するが、ここでは時間軸の重要性について図解により簡単に説明する。この例では、午前10時に強風に反応したため、システムが倒れないように表面積を小さくし、空気抵抗を小さくしようとする。しかし、1時間後の午前11時、太陽が最も高く昇り、2つ目の要件が明らかになり、システムは最大限の日陰を提供する必要があるため、システムを再構成する必要がある。例えば、午前11時の時点で強風が止んでいない場合など、2つの要件が重なった場合、状況はより複雑になる。建物は強風に耐えなければならないが、同時に最大限の日陰を提供しなければならない。このように、ある環境要件と他の要件が対立する場合、システムは複雑な判断を迫られる。このような対立は、人間の入力が加わると、より極端になる可能性がある。

For example, the shape is optimized for strong wind at 10 am, but also a large domed space is needed underneath the kinetic roof for a lunch party with 100 people. The wind resistance shape and the dome request from human input will clash. The architectural system has to mediate and make a decision each moment along the time axis. These types of situations happen all the time, because architecture- both system and building – exist simultaneously on the environmental and social ecological realms that change with 'time'. The process of meditation is the most important issue here.

There is discussion, the political comments might fit well here. “democracy” & “socialism” are models for manipulating conflicting demands. A building with human input brings this in.

例えば、午前10時の強風に最適な形状である一方、100人規模のランチパーティーを行うために、キネティックルーフの下には大きなドーム状の空間が必要であるとする。風の抵抗を考慮した形状と、人間の入力によるドームの要求がぶつかることになる。建築システムは、時間軸の各瞬間に仲介し、判断を下さなければならない。建築は、システムも建物も、「時間」とともに変化する環境と社会生態系の領域に同時に存在するため、このような状況は常に起こり得る。ここでは、瞑想のプロセスが最も重要な問題である。

議論がある、政治的なコメントはここにうまくフィットするかもしれない。「民主主義」 と 「社会主義」は、相反する要求を操作するためのモデルである。人間の意見を取り入れた建物は、これらを取り入れる。

fig 4-7,1: System Diagram in Ecology (Drawn by K.Hotta)
図4-7,1:生態系のシステム図  (製図 K.堀田)

4-8 . The Relation between Physical Model and Constructive Model

4-8 . 物理モデルと構造モデルの関係

Two realms coexist in the PA, one architecture is the physical built structure the other is the virtual system. The connection between the two worlds is not simple (according to Braitenberg, the method of connection could produce even intelligence) and the relationship between the two is inseparable. This research is an effort to separate the two parts. The physical system is composed of an MDF structure(the bones of the system), a membrane made of elastic fabric, shape memory alloy and the electrical wiring to the Arduino microcontroller (Banzi et al., 2005~). The virtual model visible on the computer screen, runs on the computer program 'Processing' using a physical engine called the 'constructive model'. It represents the virtual part of the system. Lipson H.(Lipson and Pollack, 2000) from Cornell university has similar vision for a dual model system. He called the two parts ‘robot’ and ‘awareness’. This hybrid model idea is not novel in engineering and complex system science where simulations are used. The model which will be made in the real world is called the 'physical model', and the one which is used for simulation is called the 'constructive model’.

PAには2つの領域が共存している。1つは物理的に構築された構造であり、もう1つはバーチャルなシステムである。この2つの世界の接続は単純ではなく(ブライテンベルクによれば、接続の方法は知能さえも生み出す可能性がある)、両者の関係は切っても切れないものである。この研究は、この2つの部分を分離するための試みである。物理システムは、MDF構造体(システムの骨格)、伸縮性のある布でできた膜、形状記憶合金、Arduinoマイコンへの電気配線で構成されている(Banzi et al.、2005〜)。コンピュータの画面上に見える仮想モデルは、「constructive model」と呼ばれる物理エンジンを使って、コンピュータプログラム「Processing」上で動作する。システムの仮想部分を表現している。コーネル大学のリプソン・H.(Lipson and Pollack, 2000)も、デュアルモデルシステムについて同様のビジョンを持っている。彼は、2つの部分を「ロボット」と「意識」と呼んだ。このハイブリッドモデルの考えは、シミュレーションを使用する工学や複雑系科学では目新しいものではない。実世界で作られるモデルを「物理モデル」、シミュレーションに使用されるモデルを「構造モデル」と呼ぶ。

In the traditional architectural field, the relation between a 'physical model' and a 'constructive model' corresponds to the relationship between a building and its blueprint. However, with the recent computational enhancement of the 'constructive model', the new field is now evolving from there. For example, the blueprint was no more than an 'idea' of the building. The computational model in PA, however, is not just an idea. Thanks to computer’s program and physical engines, it works as an autonomous system which works beyond human ideas and planning. Furthermore, if this robotic 'physical model' and 'constructive model' communicate as they do in PA, the definition of and boundary between real and virtual are going to change.

従来の建築分野では、「物理モデル」と「構造モデル」の関係は、建物とその設計図との関係に相当する。しかし、近年の計算機による「構造モデル」の強化により、そこから新しい分野へ発展しつつある。例えば、設計図は建物の「アイデア」に過ぎなかった。しかし、PAにおける計算モデルは、単なるアイデアではない。コンピュータのプログラムと物理エンジンのおかげで、人間のアイデアや計画を超えた自律的なシステムとして機能する。さらに、このロボットの「物理モデル」と「構造モデル」がPAのようにコミュニケーションするようになれば、リアルとバーチャルの定義や境界線が変わっていくだろう。

For example when the structure needs to change, the constructive model executes the calculations in the computer, and when the optimum answer is attained it will be output to the physical model reducing the interaction time to a moment when the output is passed to the physical model. Then the physical model- the big roof-implements the necessary deformation. This effectively saves time and energy as it does not execute physically until a good answer is calculated in the constructive model. This difference in nature between physical model and simulated constructive model can be used in many situations to allow complex scenarios to be implemented with a minimum of time and energy.

例えば、構造を変更する必要がある場合、構造モデルがコンピュータで計算を行い、最適な答えが得られたら物理モデルに出力することで、物理モデルに出力されるまでの時間を短縮できる。そして、物理モデルである大屋根が必要な変形を実現する。このように、構造モデルで良い答えが出るまで物理的に実行しないため、時間とエネルギーを効果的に節約することができる。このように、物理モデルと構造モデルのシミュレーションの性質の違いを利用することで、複雑なシナリオを最小限の時間とエネルギーで実行することが可能になるのである。

Fig 4-8 ,1 The correspondence between simulation (construction model) and robot (physical model)
Those pictures are from the video of the experiment, which connects a simulated model and a physical model. The connection between the two models is through Ardino, precisely speaking, Grasshopper.Firefly - Arduino - Serial USB.
図 4-8 ,1 シミュレーション(構造モデル)とロボット(物理モデル)の相応関係
これらの写真は、シミュレーションモデルと物理モデルを接続した実験のビデオからのものである。2つのモデルの接続は、Ardino、正確にはGrasshopperを経由している。Firefly - Arduino - Serial USB。

4-9 . Conclusion

The methodology for the meditation of conflict is the most important issue here. Even though the physical design may take an alternative approach to the proposed tensegrity design this conflict between one global input (environment input A) and other global input(environmental input B), or a global input(environment input) and a local input (input from a user), or even between one local input (input from person A) and other local input(input from person B) might still happen. The successful resolution of these conflicting inputs is a key aspect of PA.

The use of PA with its physical and virtual models and its three levels of hierarchy allow it to mediate the multiple inputs from users and environment to create a functionally flexible environment for its users.

4-9 . 結論

ここでは、対立する思案の方法論が最も重要な問題である。物理設計が提案するテンセグリティー設計とは別のアプローチをとるとしても、あるグローバル入力(環境入力A)と他のグローバル入力(環境入力B)、グローバル入力(環境入力)とローカル入力(ユーザからの入力)、あるいはあるローカル入力(人Aからの入力)と他のローカル入力(人Bからの入力)間の衝突は起きる可能性がある。これらの相反する入力をうまく解決することが、PAの重要なポイントである。

物理モデルとバーチャルモデル、3段階の階層を持つPAを使用することで、ユーザーと環境からの複数の入力を調停し、ユーザーにとって機能的に柔軟な環境を作り出すことができるのである。